古美術を扱うには、学問的な知識も重要だけど勘と経験が大切ですね

骨董屋の松ちゃん

曽祖父の代・明治から続く美術商の松ちゃんは、この道一筋40年の4代目。“民芸”作品を扱う美術商としては、知られた存在だ。綺麗にまとまる作品より、感性に訴えるオリジナリティーあふれる作品が好きだと、作品の話に熱がこもる。今日は、取材というより「松ちゃん美術館」で一流の目利きの解説のもと、とっておきの民芸作品をいろいろと見ることができた。贅沢なひと時だった。

松永健嗣さん(新古美術 松壽堂)

住所:
東京都目黒区柿の木坂1-30-16
電話:
03-3718-4478
似顔絵:
島本剛
骨董屋の松ちゃん