お母さんが苦労して築き上げた写真屋だからこれからも続けたいの

写真屋のヒロコちゃん

お母さんが袋張りの内職から始めて今の写真屋になったのは、ヒロコちゃんが小学生の時。子供の頃は、家の前にあった大学の敷地内で近所の友達と良く遊んだわと当時を懐かしく振り返る。最近は、古くからの馴染みのお店が無くなっていくのが寂しく、これからも商店街が元気で賑わい続けて欲しいと願う。その為に商店街の若い人にもっと頑張ってもらいたいとエールを送るヒロコちゃんだった。

今西宏子さん(サンエフフォート)

住所:
東京都目黒区柿の木坂1-34-15
電話:
03-3717-0670
似顔絵:
妃呂麿
写真屋のヒロコちゃん