人生の節目節目で勝負する!これが自分の生き方かもしれませんね

海苔屋のひらばやしゆういちろう

ゆういちろうさんが4年前に34歳の若さで継いだのが、明治元年創業の老舗海苔店。初めての大仕事は、問屋として海苔の入札だった。とりあえず食べまくる作戦で、美味しいと思える海苔を買い、難局を乗り切った。大学時代から身につけた勝負勘、自分の感覚を大切にしたのだ。そして今、海苔屋を継いで自分の成長を実感している。来年は今年より美味い海苔を買ってやろうと、次の勝負に意気込み十分だ。

平林佑一郎さん(鈴吉海苔店)

住所:
東京都目黒区平町1-26-10
電話:
03-5701-1591
似顔絵:
櫻井砂冬美
海苔屋のひらばやしゆういちろう